文化芸術の最近の記事

どんな色になるのかな?

6月25日(月)

年中・赤組は、『日本の伝統色』というものを学びました。

>>『どんな色になるのかな?』はコチラからご覧いただけます。

アロハー!!

6月20日(水)

文化芸術体験でフラダンスをしました。

講師の先生は、千田初子先生です。

>>『アロハー!!』はコチラからご覧いただけます。

音とあそぼう

6月7日(木)未就園児対象子育て支援講座がありました。

今回のテーマは音とあそぼう

音楽療法士であり、また、ピアニストでいらっしゃる佐藤友宇子さんを講師としてお迎えし、いろいろな楽器や音楽に触れさせていただきました。

>>『音とあそぼう』はコチラからご覧いただけます。

国の名前、覚えられるかな?

5月23日(水) 年長・青組が国旗カードを使っていろいろな遊びをしました。

>>『国の名前、覚えられるかな?』はコチラからご覧いただけます。

『RADIO SANQ(ラジオサンキュー)』に出演しました!

2018年3月19日(月)

尾張東部で放送されています『RADIO SANQ(ラジオサンキュー)』という番組に、幼児文化芸術協会 代表理事 岡田 勝彦 会長が出演しました。

631eb229b29544b476e18bbe4b75c449.png

パーソナリティーは、毎週月曜日『サンキューアフタヌーン』コーナー担当の文佳(ふみか)さんです。

この日は、今週末3月25日(日)に、愛・地球博記念公園(モリコロパーク)において行われます『第6回幼児文化芸術祭』についてのトークを繰り広げました。

P3192213.jpg

<トーク内容(一部)> 会長より

この芸術祭は、愛知県主催による「第十一回モリコロパーク春まつり」の一環として、愛・地球博記念公園(モリコロパーク)内体育館にて盛大に開催されます。

プログラムのメインは、何と言ってもベートーベンの交響曲第九番を基にした「希望の歌?交響曲第九番」の第九コンサートです。

幼児文化芸術協会加盟園7園(栄光八事幼稚園、小幡あさひ幼稚園、志だみ幼稚園、とみよし幼稚園、名古屋西幼稚園、鳴海ヶ丘幼稚園、美里幼稚園)の修了児と保護者が、声高らかに歌います。

最後は体育館内全員での合唱となりますので、まさに1500名近くの歌声が盛大に響きわたります。

さらに、約80組の年中児と保護者による『親子舞踏会』が行なわれ、会場はウィーンで行なわれます『オーパンパル』のごとく、純白のドレスをまとった美しいプリンセス、素敵な紳士のプリンスが、レッドカーペットの上で華やかに舞い踊ります。

その他、雅楽、ラテンダンス、日本舞踊など、本物の文化芸術を直に観ることができ、会場内は大変な感動の渦に包まれていきます。

一般の方もご覧いただけますので、ご家族皆様でお楽しみ下さい。

プログラム内容はこちら ↓

2018年 幼児文化芸術祭プログラム

ジャンベ♪ 最高ー!!

1月24日(水)文化芸術体験が行なわれました。

今日の体験はジャンベ講師の先生は、お馴染みの『ムロ』さんです。

>>文化芸術体験の様子はコチラからご覧いただけます。

一枚の紙から

11月8日(水) 栄光八事幼稚園にて、文化芸術体験がありました。

本日の体験は『紙あそび』です。

講師は、折り紙クラフト作家の長江秀鶴先生をお呼びしました。

>>文化芸術体験の様子はコチラからご覧いただけます。

ももたろうさん、ももたろうさん♪

10月25日(水) 栄光八事幼稚園

今年度、4回目となる文化芸術体験が行われました。

今回の体験は日本舞踊、講師は、西川まさこ先生です。

>>文化芸術体験の様子はコチラからご覧いただけます。

和の音色を感じて...

9月13日(水) 本日の文化芸術体験では、和楽器の先生をお招きし、箏の体験をさせていただきました。

講師の先生は、尺八奏者岩田恭彦先生、箏奏者岩田知恵美先生、杉浦智恵先生です。

まず、『箏』とは、どんな楽器なのでしょうか?

箏には、13本の弦があります。

中は、空洞になっていて象牙で作ったをつけて弦をはじきます。

箏は『龍』の形を表していて、前方は『龍頭』、後方は『龍尾』などの名前がつけられているそうです。

IMG_2000.JPG

IMG_2001.JPG

さっそく、演奏してみましょう!

一人ずつ先生に教えていただきながら恐る恐る触る子もいれば...

反対に、勢いよく力強い音を出す子もいました。

IMG_1984.JPG  IMG_1986.JPG

IMG_1988.JPG  IMG_1992.JPG

IMG_2003.JPG  IMG_2045.JPG

さて、集会の時間となりました。

めぐみお姉さんノムノムのお話コーナーでは、『おならのしゃもじ』と言う、とても愉快な昔話をしていただきました。

ぷっぷくぷう とっぴりびん♪ 

ちんからほいほい ぷっぷくぷう♪

めぐみお姉さんの愉快なおならの表現に、子どもたちは大喜び!

そこに、絶妙なタイミングで尺八の音色が流れて来るものですから、物語は、さらに味わい深いものとなっていました。

IMG_2011.JPG  IMG_2017.JPG

その後、尺八とお箏で、お正月の名曲『春の海』、『さくらさくら』、『小さな世界』の演奏を聴かせていただきました。

IMG_2007.JPG

IMG_2023.JPG  IMG_2026.JPG

そして、親子体験。本日は年中・赤1組の保護者の方にご参加いただき、箏にチャレンジしていただきました。

皆さんの真剣な姿、さまになっていましたよ!

IMG_2037.JPG  IMG_2040.JPG

尺八や箏の美しい音色がホールに響き渡り、心はすっかり『和』の気分!

なかなか触ることのできない大切な『箏』を、何面もお持ち頂き、

大変貴重な体験を一人一人充分にさせていただきまして、本当にありがとうございました。

<講師プロフィール>

岩田恭彦(尺八奏者) 東海三曲演奏家の会代表。 名古屋市民芸術祭賞(伝統能)

岩田知恵美(箏奏者) 生田流宮城会師範。 東海三曲演奏家の会員。

杉浦智恵(箏奏者) 生田流宮城会師範。 東海三曲演奏家の会員。

「たっ」「でぃっ」「とぅーん」「な」

6月21日(水) 文化芸術体験2回目が行われました。

今日の体験は『インド音楽』です。

教えて下さる講師の方は、パカーワジ奏者のカネコテツヤ先生、インドスタイルのヴァイオリン奏者、金子ユキ先生です。

「先生、お願いします」「はい、ナマステー

ナマステ?  インドの挨拶ですって!

それでは、みんなでやってみましょう! ナマステー

IMG_1351.JPG

それでは、楽器の紹介をします。

ひとつめは、『インドヴァイオリン

普通のヴァイオリンは肩に乗せて演奏しますが、インドヴァイオリンは座って胸と足で支えて演奏します。

IMG_1395.JPG

ふたつめは『タンブーラ

大きくて長くて4本の弦がついています。

なんともいえない神秘的で不思議な音がします。

IMG_1348.JPG

3つめは『パカワージ

約2000年前からある楽器なんですって。

IMG_1340.JPG

叩く面には、小麦粉を水で練ったものを付け、音を調節します。

IMG_1339.JPG  IMG_1402.JPG

へぇー不思議不思議。

4つめは『タブラ

パカワージを2つに切ったものがタブラだそうです。

この楽器は、なんと約4000年前からある楽器ですって!

すごいですねー

IMG_1435.JPG  IMG_1335.JPG

実は、演奏のための楽譜や教科書はないので、口伝えで教えてもらうそうですよ。

それをみんなで体験してみましょう。

言葉で表すと「たっ」「でぃっ」「とぅーん」「な」

それを手拍子で行います。

IMG_1346.JPG  IMG_1431.JPG

おもしろいですね!言葉を言いながら叩くと、何だかインドの人になった気分。

言い慣れない言葉ばかりでしたが、少しずつリズムに乗って手拍子をすることができました。

さて、集会タイム!

はじめに、メグちゃんノムノムのお話。

今日のお話は『トラのじゅうたんになりたかったトラ』です。

IMG_1371.JPG

メグちゃんの表情豊かなお話とノムノムのパントマイム、そしてどこからともなく漂って来る独特の音やリズムに、何とも不思議な空気を感じます。子どもたちも真剣な表情で聞き入っていました。

そして、改めて、カネコテツヤ先生、金子ユキ先生の演奏を聴かせていただきました。演奏も素晴らしいのですが、お二人の姿がとても美しく、まるで別の世界にいるような感覚です・・・

演奏して下さった曲は5拍子だそうですよ。

本当に不思議・・・。

IMG_1383.JPG

IMG_1398.JPG  IMG_1426.JPG

演奏のあと、インドの服を紹介していただきました。

先生方が着ていらっしゃる服は、インドの正装だそうです。

男性の服は、ゆとりがあって涼しそう!ズボンはパジャマと言うそうですよ。寝るときに着るパジャマは、ここから来てるんですね。

IMG_1427.JPG ←このズボンのことです☆

女性の服は、一枚のながーい布を巻いて着ているんですって、すごいですねぇ。

IMG_1373.JPG  IMG_1376.JPG

そして、本日の親子体験は、青2組でした。

はじめに親子で「ナマステー

IMG_1392.JPG  IMG_1393.JPG

次に、インドについてちょっと調べてみましょう!

インドはどこにあるのかな? 国旗はどんな模様?

IMG_1390.JPG

インドが少しわかったところで

今度は楽器に合わせてリズム打ちをしてみましょう!

IMG_1412.JPG  IMG_1415.JPG

みんなニコニコ笑顔で体験できました。

カネコテツヤ先生、金子ユキ先生、今日は大変貴重な楽器を見せていただき、また不思議な音色を聴かせていただきまして本当にありがとうございました。

<講師プロフィール>

カネコテツヤ (パカーワジ奏者)
2000年よりインド・ヴァラナシにてPt. Shrikant Mishra に師事。2017年よりインド・ヴァラナシにてPt. Vishwambhar Nath Mishraに師事。毎年インド・ヴァラナシにて開催されるドゥルパド界最大級のイベント、オールインディア・ドゥルパドメーラーにソロ及び伴奏で2002年より毎年出演している。グジャラート、ダーホード、リシケーシュなどインド各地の音楽祭や音楽大学でも演奏し、インド音楽界の巨匠達とも多数共演している。04年度第29回ドゥルパドメーラーにてゴールドメダルを受賞。

金子ユキ(インドスタイルのヴァイオリン奏者)
2001 年よりインドスタイルのヴァイオリンを習い始める。 インドの人間国宝 Dr.L.Subramaniam に師事し、渡印を繰り返している。 2014年、インド・ブッダガヤにある世界遺産・大菩薩寺の『仏陀と平和の祭典』に出演。2015、2016年 台湾の『Asian Indian Festival』に出演。インド音楽以外では、エレクトリックヴァイオリンやシンセサイザーも使用し、様々なジャンルのミュージシャンと共演。2016、2017年にはエレクトリックヴァイオリンソロでヨーロッパツアーを行った。