ぼくたち、わたしたち、裏山探検隊!

3月2日(木)。

みんなが楽しみにしていた裏山登り当日。残念なことに雨が降ってしまいました。

でも、その代わり、この日は東山動植物園自然動物館へ行ってきました。

夜行性の動物やは虫類、両生類が沢山いました。

子どもたちは、「あっ!ワニ!!かっこいい?」「カメさんがエサ食べてるよ!」

カエルが泳ぐとかわいいね?。」など、先生やともだちといろんな話をしながら楽しめました。

DSC08141.JPG  DSC08156.JPG

DSC02248.JPG  DSC02250.JPG

IMG_9336.JPG  IMG_9341.JPG

さてさて、3月7日(火)。

ついについに待ちに待った裏山登り!!

天気は・・・? うん!少し寒いけど大丈夫。

「裏山には、細い道やでこぼこ道、危険なところがたくさんあります!気をつけていきましょう!!」

はい!!子どもたちは、ドキドキ・ワクワクが止まりません。さぁ、出発です!!!

年少・黄組は、東山テニスセンターの方までバスに乗せてもらい、ユーカリの林を出発して山の中を歩き、幼稚園に戻るコースです。

コアラのご飯であるユーカリを眺め、あとはひたすら山の中を歩きます。

IMG_9375.JPG  IMG_9379.JPG

「葉っぱがいっぱい!」「どんぐりが落ちてる!!」幼稚園で見つけるどんぐりとは、形の違うものがたくさんありました。

IMG_9426.JPG  IMG_9434.JPG

IMG_9451.JPG  IMG_9455.JPG

IMG_9464.JPG  IMG_9467.JPG

最後まで、みんな頑張って歩くことができましたよ♪

IMG_9469.JPG  IMG_9474.JPG

年中・赤組は、幼稚園の裏側から山に入り、まずはユーカリの林を目指します!

DSC03197.JPG  DSC03204.JPG

DSC03188.JPG  DSC03190.JPG

途中、険しい坂を登りましたが、励ましあいながら全員登れました。

DSC03195.JPG  DSC03196.JPG

「あっ!つぼみが出てるね。」歩きながら春を見つけることもできました。

ユーカリの林では、たくさんのユーカリの木にびっくり!!

「これをコアラが食べるんだねぇ。」と、あまりのユーカリの多さに圧倒されていました。

DSC03192.JPG  DSC03193.JPG

次に向かったのは『おたま池』。『おたま池』は、大きな水たまりのように見えますが、湧き水なのでとてもきれいに澄んでいます。

春になったら、ザリガニおたまじゃくしなど、いろいろな生きものが生まれるのかな・・・

P6629.jpg  P6643.jpg

年長・青組は、赤組と同じところから山に入ります。「えー!ここが裏山の入口?!」

まさか、普段通ってる道沿いから裏山に入れるとは・・・思いもしませんでしたよね!

DSC08202.JPG  DSC08205.JPG

まずは、ユーカリの林へ。「すごい!!コアラはたくさん食べるんだなぁ。」驚く子どもたち。

DSC08209.JPG  DSC08217.JPG

さてさて、次は『人間地獄』と名づけられた場所へと登っていきます。

DSC08223.JPG

人間地獄ってなにーーーー????」見ると、すり鉢状のちょっとした崖があります。

崖をのぞいてみると、おおきな横穴がありました。「誰かの基地みたい!!」

DSC08229.JPG  DSC08245.JPG

DSC08231.JPG  DSC08233.JPG

ここからは、森が下に見えるので、子どもたちは思わず「やっほーーーー!!」

さすがに山彦は聞こえませんでしたが、みんな嬉しそうでした。

DSC08238.JPG

人間地獄をもう少し登ったところに、見晴らしのいい場所がありました。

ここから下を見ると、北大坪からテレビ塔の方に向かう道路が通っています。

結構な高さに、子どもたちも大興奮!!

道路の向こう側には、分断された山が見えました。

「以前、道路ができるまで、ここの山と向こうの山はつながっていて、いろんな動物が行き来したり、水が流れたりしていたんですよ!」先生の話を子どもたちも聞き入っていました。

残されたこの自然を大切にしていきたいですね。

DSC08227.JPG  DSC08243.JPG

山を下り、最後に『おたま池』へ。

この辺りは、いたるところに湧き水があります。

どこから湧いてくるんでしょう。不思議ですね。。。

DSC08248.JPG  DSC08250.JPG

DSC08259.JPG  DSC08253.JPG

今回の裏山探検。よくがんばりましたー!

幼稚園の裏山『うるおいの森』について

「うるおいの森」は、東山の森の南部地区に位置します。東山の森全体のうち、動植物園区域を除く区域を対象として森づくりが計画されており、市民との協働による雑木林や湿地の保全・再生活動や環境学習・体験学習等が実施されています。特に「うるおいの森」では、かつての天白渓の豊かな自然を目指し、起伏に富んだ地形を生かしながら、散策や自然観察の場として雑木林を保全するとともに、市内では貴重となった湿地や湧水池を再生しています。