エコ集会(一年間のまとめ)

2月27日(月)  晴れ

一年を通して取り組んできたエコ活動や環境あそびについて

学年ごとにお話ししてもらいました。

 
黄組

ゴミの分別やゴミの減量について学んだり実践してきたことを

黄組の先生がお話しされました。

赤組、青組さんから「そうそう、黄組の時やったからおぼえてる!」との声が・・・。

BL-20170227-01.jpg  BL-20170227-02.jpg






赤組

水を使った楽しい実験を披露してくださいました。

BL-20170227-03.jpg  「水の入ったビニール袋に鉛筆をたくさん刺しても
                       水が漏れないよ」 あら不思議・・・・
BL-20170227-04.jpg  松ぼっくりを水につけると、笠がとじるんですー!!



生活の中で毎日どれほどたくさんの水が使われているのか、

クイズ形式で伝えてくれました。

BL-20170227-05.jpg Q: トイレ、洗濯機、お風呂
どれが一番たくさん水をつかうでしょうか。
 A: お風呂でーす。
   2リットルペットボトルに100本分も使うことになるそうです。



青組

天気、気温、発電量を1年を通じて調べ、グラフにして記録してきた青組さん。

その一部を見せてもらいました。

グラフから、季節の移り変わりがわかりますね。

BL-20170227-06.jpg BL-20170227-07.jpg





◆園長先生のお話
BL-20170227-13.jpg

園長先生の子どものころはゴミが少なかったのです。

八百屋さんに行くと、野菜を新聞紙に包んでもらっていたし、

その他のお店でも、家から持って行った容器に入れてもらったものです。

今は、プラスチック容器に何でも入っていたり、

その他いろんなゴミが増えてきたので、


「これは燃えるかな、燃えないかな・・・」と

一つ一つ考えて分別しなくてはならなくなりました。


また、園長先生の子どものころは、もっと雨が多かったの。

ところが、最近は雨が少なくなった。もし降っても大雨で

川の水が溢れてしまうほど・・・。

その原因の一つは、山の緑がどんどん少なくなっていること。

砂漠が増えているんです。

今年なんてね、5月からもう夏みたいに暑くなるそうです。

それでは、空から水が落ちてこないね。

だからお水がとても貴重になってくるのです。 

大事に使わなくてはなりませんね。


次は、電気。先生の小さいころは電気は使いたい放題使っていたのです。

先生の生まれるもっと前は、電気の生活ではなくて、

部屋の明かりも、ご飯を炊くのも、お風呂を沸かすのも火でした。

ところが次第に電気が使われるようになり、

そのための電気をどんどん作る。するとその時にたくさんの煙が出て、

空気が汚れ地球が熱くなってきてしまったのです。

それは大変だということで、ソーラーパネルができた。

太陽の光で電気をつくれば、煙は出ず、地球は熱くなりません。

その他、風の力、波の力、地面の熱の力を使って電気をつくることもできるのです。

小学校に行ったら、5年生くらいになると、社会という授業で

エネルギーのことを勉強しますから、電気のお話、覚えておいてね。

 
 

◆観察台の植物の紹介  「梅」  
BL-20170227-12.jpg  BL-20170227-11.jpg 
                       梅が満開に・・・ きれいですね・・・


BL-20170227-10.jpg  メジロが梅の花の蜜を吸いに来ていました。
                       春ですね・・・・。


yjimage3OVFR0EK.jpg メジロはこんな鳥です。

その名の通り目の周りが白いですね。(ネット画像から拝借しました)




これからも、大切な地球のためにどんなことができるのか、

みんなで考え実践していきたいですね。