セミナーのご相談・お問い合わせ

お気軽にどうぞ

より良い親子関係へ
「一人の人間を生み、養い、社会的に一人前になるまで育てる」
これが親の役割です。
「親業訓練」は、米国の臨床心理学者トマス・ゴードン博士(1918-2002)が開発したコミュニケーションプログラムです。
原題は「Parent Effectiveness Training(親としての役割を効果的に果たすための訓練)」。カウンセリング、学習・発達心理学、教育学など、いわゆる行動科学の研究成果を基礎にしています。
ゴードン博士は、親としての役割、つまり<親業>を果たすことは、「一人の人間を生み、養い、社会的に一人前になるまで育てる」仕事にたずさわることであると述べています。
多くの親は「親の役割」をはたすために、自分の親から伝えられた経験と、さまざまな情報・知識に揺れながら試行錯誤を繰り返しているのではないでしょうか。この暗闇に手さぐりしている親達に、ひとつの方向が示されるようになりました。-それがコミュニケーション訓練-親業訓練講座です。
トマス・ゴードン博士(Thomas Gordon)
シカゴ大学で博士号をとったあと、同大学で5年間教鞭をとりました。のちにカリフォルニア州で臨床心理学者としての研究と仕事をしながら、1962年に「親としての役割を効果的に果たすための訓練=親業訓練」(PET)を開始し、カリフォルニア州心理学会長をつとめ、前述の「子どもに関するホワイトハウス会議」にはコンサルタントとして出席。親業訓練だけでなく、教師を対象とする教師訓練(TET)、会社など組織内の上司・部下の関係に焦点を合わせたリーダー訓練(LET)、青少年のためのプログラム(YET)、更に婦人のための訓練など多様な訓練プログラムを開発、実施し活躍されました。
全米心理学財団から1998年には長年の心理学の分野での功績に対しゴールドメダルを授与されました。
(2002年8月没)
子育ての悩みをサポートする、
子どもとのコミュニケーションを豊かにする“体験型講座”。
「もっと親子の時間を楽しみたいのに、子育てに追われて余裕がない」「毎日子どもを怒ってばかりで自分が嫌」「育児書を読むだけじゃ不安」…こうした子育ての悩みをサポートするのが親業講座。
新しい親子関係のルールを提案し、子どもとのコミュニケーションを豊かにする体験型講座です。
親業訓練協会ホームページでも親業の活動をご覧頂けます。
http://www.oyagyo.or.jp
子育ての悩みをサポートする、子どもとのコミュニケーションを豊かにする“体験型講座”

Page Top